読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPCメモ

HPC(High Performance Computing)に関連したりしなかったりすることのメモ書き

cygwinのインストール

ここのとこteraterm+winscp+Xmingの代替として、MobaXtermってのを試してました。

ローカルでgccとかも実行できて便利そうだし、sshとsftpとXサーバを1アプリにまとめられるから、持ち歩きも簡単そうと思って期待してたんですが、
高負荷時にちょくちょく落ちたり(sftpでファイルサイズが大きいものを転送しようとするとsftpのタブが無くなったりとか)パッケージとしてインストールできるgccのバージョンが古かったりで、常用してるとストレスがたまってきます。

でも、元に戻るのも癪だったので、いっそのことと思ってcygwinを導入することにしました。*1

インストール方法は以前(10年くらい前か?)試した時とほとんど変わってなくて

  1. インストーラをダウンロード
  2. インストーラを起動
  3. 言われるがままに「次へ」を選択
  4. パッケージを選択
  5. インストール

といった流れです。
*2


インストールするパッケージは次のものを選びました。


とりあえず、これで手元でちょろっとテストコードをコンパイルすることもできるsshクライアント&Xサーバの完成です。
あとは、bitbucketに放り込んでいる、dot fileとかを取ってくればだいたい普段のLinux環境と同じ感覚で使えます。
*3




で、これインストール先にSkyDrive(現OneDrive)を選んだんですが、同期が終わるのはいつになるかな・・・

*1:pagentとか細かいのもイロイロ捨てれそうだし

*2:本当にcygwinのインストール方法を知りたい人はまっとうな解説記事を探してください :p

*3:tabを押してコマンドラインを補完した時にls.exeとか出てきて違和感があるのを除けば